上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライフィッシングは英国で生まれた釣りで、サッカーやゴルフなどのスポーツ
と同じように昔は技法についてもルールにうるさい釣りであった。
最近は「キャッチ&リリース」が暗黙のルールとして定着している。
「キャッチ&リリース」とは、釣った魚を逃がしてやることである。
私の場合「キャッチ&ストマック」で、釣った魚は胃袋におさめてやる派である。
もちろん18cm以下と、夫婦二人の食材分以上はリリース。
釣りはやはりハンティング(狩猟)であるので、食べることで完結と思う。
今日のニュースでニホンカワウソが絶滅種に指定されたことを考えると
「キャッチ&リリース」の云わんとしている精神はが今後、大切なマナー
の一つと思う。
釣りを通して自然の保護、水の大切さ、エコ活動がもっと広まればよいのだが。

今年最後の釣行は三段峡
RIMG0187.jpg

ちいさ過ぎてカメラ&リリースとなった。
物足りないのでもう一つ画像を
サギソウ
2012.0819 030
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sharaku129.blog.fc2.com/tb.php/76-4d972b92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。