上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月9日
天候晴れ 昨日だったら富士山が見えたのに
朝食バイキング このホテルはタイ・ベトナムのひとがほとんど
のようだ。もしかしたらフィリピンかも?
昔は外人というと、ヨーロピアンかアメリカンだったが、アジア圏
が今や外貨稼ぎの主流になったのだろう。
きょう訪れるのは、奥様の要望によりNHK[こころ旅]で正平さん
がからんだ場所となる。

神子畑鋳鉄橋
2012.0707 033
正平君も一息入れた滝を見ながら、ひと休みしました。水が冷たくて、とても澄んでいました。日本最古の鋳鉄橋(明治18年)とは思えない程綺麗でした。100年以上前にタイムスリップした気分でした。
この近くの山には鹿が多く生息しているのでは?私達も途中でご対面となった。(シカと見ました)

神子畑選鉱場
2012.0707 035
2012.0707 038
選鉱場跡は、巨大なモニュメント、20階建てのビルぐらいの高さでした。
ここに、2000もの人達が暮らしていたなんて、さぞにぎやかだったでしょうね。
工夫たちの夢の跡

竹田城址
2012.0707 102
実物は写真よりもっと圧倒的な存在感
2012.0707 103
この城を焼き討ちで滅ぼした武将は、家康の怒りをかって自刃したというが・・・
最大の山城・ニホンの「マチュピチュ」とも呼ばれ、「天と地」映画では
おおがかりな城のセットも建てられた。
静かな興奮をおぼえながら、昼飯はふもとの但馬牛焼肉「竹田屋」へ
特上ステーキは100g2600円なのでパス・・・
竹田屋セットでも十分おいしかった。・・・やはり食べとくべきかな??
スポンサーサイト
7月6日
中央高速から忍野八海(おしのはっかい)を目指して車を走らせる。
富士山からの豊富な伏流水でそこここに湧き水池がある。
あいにく今日も富士山は厚い雲でどこにあるかもわからない。
観光客の半分は中国の人のようだ。店員さんも上手な中国語で
セールスをしている。
2012.0707 017

2012.0707 018
忍野川 型のよい山女・虹鱒が・・・時間がないので釣りはパス
2012.0707 020
2012.0707 023
昼食は蕎麦と冷奴
2012.0707 021
やはり水が良いと豆腐はこんなにおいしい食べ物かと
おかわりしました。

宿泊は大阪の千里のホテル・・・熟睡Zuuu
7月2日
ホテルの朝食は500円のバイキング・・・内容はかなりさみしかった。
中国人の団体が100人ほど入っていたようで、我々夫婦が外国人のよう
中国の旅行代理店は6日間で1万円/1名の設定を強要してくると
ニュースでは言ってたが・・・それって一桁違うんじゃない!
新東名高速はほとんどが3車線のうえ、道幅も広く、さらにトンネル
は明るく・広く、非常に運転が楽であった。照明が進行方向に向けて
あるらしい。
オクサマの希望で 清水SA・駿河湾沼津SA・海老名SAと各サービス
エリアに停車し食事とショッピングを楽しんだ(?)

[しらす&桜海老丼]
2012.0707 050
2012.0707 002
[駿河湾]
2012.0707 003
東京に到着後、オクサマの実家で義母の用意してくれたうな重を
ほうばって眠りにつく。お疲れ様!
7月1日 車にて東京を目指して出発! 名車?スバル360で二十歳のころ兄と二人で東京~
広島と交替で運転したことがある。その頃は東名高速しか開通してなかったので22時間ほど
かかった記憶がある。
今回車で行くのはわが家のボロ車を息子に届けるためもある。
わが家に嫁ぐ車は皆、可哀想・・・その一生で洗車してもらうのは
車検に出したときと数回しかない。特に大衆車の場合・・・
外車・高級車だと多少扱いは良くなるが、飼い犬以下の扱いを
受ける。だから雨が降ると我が家の車は極めて綺麗になり、新車
かと見間違える。???
本日も小雨のため東京に着く頃には洗車が期待できそうですな~
土日はETCだとお得なので、早速購入!
今夜の宿泊は常滑市にあるホテル。身分不相応なほど、なかなか立派
なホテルでした。
2012.0707 049

夕食は近所のシャレた居酒屋「古窯庵」でおいしい発見!
居酒屋なのに手打ち蕎麦をメニューとしてドーンと載せてるので
期待もせずたのんでみると、これがなんともたしかな玄人の技の
一品であった。店の子に「オーナーが趣味で打ってるのか?」と
尋ねると、本店はそば屋とのこと。・・・納得!
今夜のメニュー:海老、岩牡蠣、そばシーザーサラダ
このあいだ広島の沼田のそば屋で手痛い目にあったので、この感激は
うれしくセイロをもう一枚追加してしまった。
わたしは「うどん粉」を感じさせない軽く、更科系の細目の蕎麦が好
みなのでほんとうにうれしかったよ古窯庵(コヨウアン)。
ここ常滑市は土管と焼き物で有名な町で、翌朝は資料館や焼き物巡り
と思っていたのだが、月曜は定休で回れなかったのが残念・・・

私たち家族の旅は 一に料理 二に美術館かミュージアム 三が観光・温泉
のプライオリティですので

伊東 豊雄建築ミュージアム
20120524 011


ところミュージアム
20120524 031
20120524 030
火野正平さんではありません


岩田 健 「母と子のミュージアム」
20120524 019
20120524 024
と、立て続けに制覇しました。
しかし、昨年行った「クレマチスの丘」の印象が強かったせいか
三人ともすこしがっかり!
どうしてもローカルなスケールになってしまうので、分散せず
まとまったスケールメリットと企画が大事と感じた。
「おしい!広島ならぬ今治市」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。